RECRUITMENT

多様化する働きかた

上司×部下

理想の上司って、

どんな人だろう?

市川営業所 課長代理

宮﨑 純一 (写真右)

市川営業所

三浦 郁香 (写真左)

三浦 別の会社に勤めていた頃から今に至るまで、これまでいろいろな上司のもとで仕事をしてきました。社内を見渡してみれば、体育会系の人や放任主義の人、実にさまざまなタイプの上司がおられると思います。その中で宮﨑課長といえば、とにかく懇切丁寧な上司として、私も含め社内の人たちからとても信頼され慕われていますよね。

宮﨑 あまり実感はありませんが、そうだとしたらうれしいです(笑)。

三浦 たとえば私は、契約関係の書類をつくるとき、つまずいてしまうことって今でもあるんですね。そんなとき宮﨑課長に質問すると、すぐに答えを返してくれます。難しい内容であっても嫌な顔ひとつせず、その日のうちに必ずフィードバックをくれる。宮﨑課長のもとで働いているとまったく仕事が止まらないんですよ。

宮﨑 それは私を育ててくれた上司が、レスポンスの早い方だったからでしょうね。うちは管理会社なので、入居者様からのご要望にはとにかくスピーディーに対応していかなければなりません。対応が遅れてしまうとクレームに発展し、その結果、オーナー様にも所員の皆にも迷惑がかかることになりますから。

三浦 その通りですね。たしかに上司の仕事に対する考え方は、部下のその後の未来に大きく関わってくると思います。

出会った上司によって、部下の未来は変わってくる。

宮﨑 三浦さんはうちに入社してきた当初から、前向きに仕事に取り組んでくれていますし、ムードメーカーとして営業所のみんなを引っ張ってくれていますよね。きっと以前勤められていた会社で素晴らしい上司と巡り会えたのではないですか?

三浦 仕事に関しては誰よりもできる人でしたが、厳しさも兼ね備えた上司でした。仕事中に怒られて何度泣きそうになったことか(笑)。ただ、有能な上司でしたからいくら厳しく指導されても、心のどこかで納得していたような気もします。

宮﨑 どおりで三浦さんの仕事は、基礎がしっかり固まっていると思っていました。その上司の方はきっと、強い覚悟を持って仕事に取り組まれていたのでしょう。だから後輩にも同じレベルの仕事を要求してしまう。ただ、仕事に対する価値観は人それぞれであって、そこを見誤ると相手がつらくなってしまう場合もありますよね。

三浦 おっしゃる通り、負けず嫌いの私だったから頑張れたのかも(笑)。新人時代に厳しく鍛えていただけたのは感謝しています。

宮﨑 だから上司は、教える相手の個性や価値観をしっかり見極めた上で、必要なことをどう伝えていくかを考え続けなければなりません。ここが上司にとっての永遠の課題だと思います。

三浦 ある程度の基礎が身についた今、私は事務として営業所のメンバーを裏から支えていきたいと思っています。そのために宮﨑課長の仕事に対する姿勢を参考にさせていただいています。

信念を持って向き合えば、想いはきっと伝わる。

宮﨑 会社も仕事も、人と人との関わり合いの上に成り立っていますから、できるかぎりみんなが幸せになれる方向に進んでいきたいですよね。そのための努力をまずリーダーである私がしていくべきだと心がけてきました。私の想いが行動となり、三浦さんやほかのメンバーに伝わっていけば、お客様もきっと幸せになれる。私はそう信じています。

三浦 ちゃんと伝わっていますよ! これからも自分も周りの人も幸せになれる仕事を続けていきましょう!

宮﨑 これからもよろしくお願いします!